• レギュレーション
  • レギュレーション

限界まで語り尽くす! My Favoriteポケカ ~第10回 ポケカ四天王 アライケイト選手~

毎週水曜日14時に更新! 連載企画「限界まで語り尽くす! My Favoriteポケカ」では、ポケカをプレイしているあの有名人やポケカ四天王など、様々な人たちから話を聞いて、「My Favoriteポケカ」、すなわち、「ポケモンカードゲームの中で気に入っているカード」を好評発売中の新商品から1枚紹介してもらいます。


第10回は、ポケカ四天王としてご活躍中の、アライケイト選手にお話しをお伺いします。


アライケイト選手
プロフィール
2019年11月に開催された「ポケカ四天王決定戦」で見事優勝を果たし、第3期ポケカ四天王の座を獲得。第3期ポケカ四天王の中では最年少となる現役の高校生ながら、約15年のポケカ歴を持つ。

―――こんにちは、今日はどうぞよろしくお願いします。


こんにちは、こちらこそよろしくお願いします。



―――ポケカ四天王直伝のデッキレシピを公開!という記事では、新拡張ごとにオススメのデッキをご紹介いただいていたり、ポケカ四天王としてご活躍中のアライケイト選手ですが、自己紹介をお願いできますでしょうか。


はい、第3期ポケカ四天王のアライケイトです。
ポケカを始めたのは兄の影響です。たしか2005年くらいで、僕がまだ3、4歳くらいの時だったと思います。



――お兄さんと一緒に遊ばれていたんですね。


途中、受験や部活等で忙しくなってきたときは休止していましたが、昨年兄が大学生になって復帰したのと同時に、一緒に遊ぶようになって、自分も復帰しました。


アライケイト選手


―――復帰のタイミングもお兄さんと一緒なんですね(笑) 身近に一緒に遊べる人がいると、たしかに遊びやすいですからね。その後まもなく「ポケカ四天王決定戦」で優勝されて、見事第3期ポケカ四天王の座を獲得されました。


当時はたねポケモンで戦うデッキが多かったので、それに対して確実に勝てるデッキを探し、「アルセウス&ディアルガ&パルキアGX + ラフレシア」のデッキを使っていました(ポケカ四天王決定戦についてはこちら)。ポケカ四天王になれて、今でもとてもうれしいです。



―――それでは、そんなアライケイト選手の「My Favoriteポケカ」をお伺いしたいと思います。


はい、拡張パック「ムゲンゾーン」から、クロバットVです。



―――お気に入りのポイントはどういったところでしょうか。


具体的な活躍シーンを3つにわけて、このカードの魅力を考えたいと思います。


活躍シーン①
特性「ナイトアセット」を使えば最大で山札を6枚引けることが魅力的です。手札を増やしたりする効果のカードとしてサポートを使うことが多いと思いますが、サポートの代わりにクロバットVの特性「ナイトアセット」を使ってカードを引くことで、サポートを使う機会を温存でき、ボスの指令などの妨害系のサポートが使いやすくなるので、戦術の幅が広がります。



―――どのデッキでも大体必要になる「手札を補充するためのカード」、サポートに頼ることがたしかに多いですが、それがポケモンで出来るとなると、サポートで使うカードの選択肢が拡がりますね!


活躍シーン②
70ダメージに加えて、確定で相手をどくにできるワザ「どくのキバ」を持っている点も魅力的です。ポケモンVMAXはHPが非常に高く、相手の攻撃を受けても1撃ではなかなか倒されないという強さを持っています。クロバットVは、その倒しきれなかった分のHPを詰めることができる可能性を持っており、カードを引ける特性だけではない使い勝手の良さが第2の魅力です。



―――場に出たあともエネルギーをしっかりつけて、バトル場で活躍させてあげることもできる。それだけのワザの性能があるということですね。


活躍シーン③
デデンネGXと組みあわせれば1回の番で多くのカードを引くことができるので、今まではハードルが高く出来なかった動きも出来るようになると思います。



―――なるほど! クロバットVだけでなく、同じように山札からカードを引く効果の特性を持つデデンネGXも同じデッキに採用することで、1回の番で繰り返しカードが引く動きが取れるようになり、これまでは実現が難しかったような、カードを大量に使用するコンボが狙えるかもしれないということですね。


はい、山札からカードを引くという効果はとても強力なので、これからどんどん色んな使い方が開発されていくと思います。



―――それでは、実際にクロバットVを使用したデッキをご紹介ください。


くわしいデッキレシピはこちら!


アローラサンドパンGXのワザはどちらも、水・無色・無色のエネルギーが必要です。自分としてはスタンダードレギュレーションからダブル無色エネルギーが外れたことで、少々エネルギーをつけて育てるハードルが上がったと思っていました。しかしクロバットVとデデンネGXで1回の番で多くのカードを引ける方法が出てきたため、また使ってみたくなったポケモンの1匹です。このデッキはクロバットVとデデンネGXで手札を補えるので、サポートはホミカ中心に使っていく事ができます。ホミカはドガースマタドガスなどの、ポケモンGX・ポケモンEXでないポケモンとセットで使うと山札からカードが引けるのでデッキ全体が回りやすくなり、自分の思う戦術に持っていきやすくなると思います。



―――これまであったカードやデッキの魅力を、クロバットVの優秀な効果で再発見することができそうです。クロバットV、本当にいいカードですね!


本当にそう思います。あと、実はポケモンカードのクロバットにはとても思い入れがあるんです。ポケモンカードゲームDPt 拡張パック「ギンガの覇道」で登場したポケパワー「フラッシュバイツ」を持つクロバットG[ギンガ]が好きだったことを覚えています。今回、クロバットがさらに迫力あるイラストになっていて、とても使うのが楽しみでした。


アライケイト選手

また、僕は個性の強いポケモンが好きで、最近であればアローラサンドパンGXのGXワザ「ニードルストームGX」が大味でとても好きです。そういったカードを活かせるクロバットVは、これから長い付き合いになりそうです。



―――アライケイト選手、「My Favoriteポケカ」の紹介、ありがとうございました! 最後に、ポケモンカードゲームに関する思い出があればお聞きできますでしょうか。


思い出に残っているのは2009年の夏の出来事です。兄が日本代表になって、ポケモンワールドチャンピオンシップス2009に出場しました。



―――インタビュー最初で話題に出ていたお兄さんですね。冒頭では兄弟の仲睦まじいエピソードとして聞いていましたが、ポケカの英才教育だったことが今わかりました(笑)


そうですね(笑) そのとき、自分も両親と兄と一緒に開催都市であるアメリカのサンディエゴにいき、現地で行われたLast Chance Qualifier(ラストチャンスクオリファイヤー)という大会に出場して、運良く本戦に出て10位という成績を納めることができました。飛び上がるくらい嬉しい思い出なんですが、それ以上に、もっと上位を目指せたという悔しい気持ちだったことも覚えています。きっと一生忘れられないと思います。


当時小学1年生だったので英語が全く判らなくて、身振り手振りと知っている少ない単語だけで海外のポケカプレイヤー達と対戦やトレードした思い出は、いまの自分のモチベーションにもなっていますし、とても良い経験ができたと思っています。



―――アライケイト選手、ありがとうございました!


ありがとうございました!




毎週水曜日更新の「限界まで語り尽くす!My Favoriteポケカ」、次回は7月8日(水)14時に第11回を公開いたします。


第11回は、動画クリエイターのもこうさんにお話を伺いました。ご期待ください。

関連情報

TO PAGE TOP