• レギュレーション
  • レギュレーション

ポケカ四天王直伝のデッキレシピを公開!

強化拡張パック「ダークファンタズマ」収録のカードを使って、ポケカ四天王が厳選レシピを紹介します。

目次

ポケカ四天王・イシヤマ リョウタ直伝

四天王記事_イシヤマリョウタ.jpg

ヒスイ ゾロアークVSTARで毎回の番に大ダメージを出せるデッキにしました! 大口の沼、ゲンガー、ダメージポンプなどを駆使して、自分のポケモンにダメカンをのせていきます。早い段階からHPの高いポケモンを倒してバトルを有利に進めたいです。


ここが強い!

自分のポケモンにダメカンをのせる必要があるため、ポケモンが倒されやすく、その結果サイドを取られやすくなっています。相手よりも早くサイドを取りきる必要があるため、サイドを複数枚取れるポケモンを積極的に倒せるよう、ボスの指令を4枚採用しました。ヒスイ ゾロアークVSTARのVSTARパワーの特性「ファントムスター」は、序盤に使い、後半はビーダルの特性「はたらくまえば」で必要なカードを集めていきます。後半にエネルギーの余裕ができれば、ダブルターボエネルギーではなくパワフル無色エネルギーを活用することで、さらにワザのダメージを上げることができます。



採用しているおすすめカード

1枚目

ディアンシー
「バトルリージョン」収録

自分のベンチのたねポケモンが相手のサポートの効果を受けなくなるため、ボスの指令などのサポートからベンチのヒスイ ゾロアークVを守ることができます。序盤にヒスイ ゾロアークVを倒されてしまうと逆転することが難しいため、エネルギー無しで使えるワザ「うつろがえり」で、ディアンシーと入れ替えられると安心です。

2枚目

大口の沼
「タイムゲイザー」収録

ヒスイ ゾロアークVSTARのワザ「のろいをきざむ」を最大限効果的に使うため、序盤から積極的に使いたいスタジアムです。相手のポケモンにもダメカンをのせることができるため、HPの高いポケモンVMAX相手に強く戦うことができるようになります。

3枚目

ゲンガー
「ダークファンタズマ」収録

トラッシュから特性「ならくのうらもん」を使ってベンチに出せるポケモンです。ゲンガー自身にダメカンをのせることができるので、大口の沼を場に出せていない時にこの特性を使って、ゲンガーをベンチに出したいです。

デッキレシピ

ポケカ四天王・イトウ シンタロウ直伝

四天王記事_イトウシンタロウ.jpg

ヒスイ ヌメルゴンVSTARのワザ「アイアンローリング」に注目してデッキを作りました。ワザの効果によって、次の番に受けるワザのダメージが「-80」されるため、相手のワザのダメージを何度も耐えられるように、HPを回復できるカードを多く採用して長期的に戦えるデッキになっています。


ここが強い!

このデッキは、ヒスイ ヌメルゴンVSTAR1匹で戦うことが基本のデッキになっています。ヒスイ ヌメルゴンVSTAR1匹で戦うことで、ワザ「アイアンローリング」の効果をかわすこともできなくなるため、相手のワザを耐えることができるうちは、ベンチに次のヒスイ ヌメルゴンVを出さず、バトルポケモンのヒスイ ヌメルゴンVSTARのみで戦いましょう。メロンのおかげで、次のワザできぜつしてしまうタイミングでベンチの準備を始めれば、エネルギーも間に合うので心配しなくても大丈夫です。また、1回限りではありますが、VSTARパワーの特性「モイストスター」も強力で、回復が追い付かないときに使うことでHPを全回復させることができます。



採用しているおすすめカード

1枚目

エール団のおうえんタオル
「シャイニースターV」収録

ヒスイ ヌメルゴンVSTARのHPを50回復させることができます。デメリットとして相手のバトルポケモンも回復してしまいますが、アイアンローリングのダメージが200なのでそこまで気にならないと思います。

2枚目

スクールガール
「摩天パーフェクト」収録

相手のサイド枚数が偶数枚の時に山札を4枚引けるこのカードですが、このデッキにおいてのポケモンは、ポケモンVとポケモンVSTARのみの採用となっているため、サイドは2枚ずつとられることになり、基本的に、いつ使っても山札を4枚引くことができます。

3枚目

カブ
「爆炎ウォーカー」収録

自分のポケモンがバトルポケモンのみのことが多いこのデッキにおいては、非常に相性のいいカブ。山札を8枚引くことで、ヒスイ ヌメルゴンVSTARのHPを回復させるカードを、たくさん引いてくることができます。

デッキレシピ

ポケカ四天王・サイトウ コウセイ直伝

四天王記事_サイトウコウセイ.jpg

ヒスイ マルマインVのワザ「かんしゃくボム」を使いやすい構築にしました。特性「うらこうさく」を持ったインテレオンやジメレオンと組み合わせる事で、ヒスイ マルマインVのワザのダメージを上げるカードを山札から持ってくることができる構築にしています。


ここが強い!

まず最初の番はヒスイ マルマインVのワザ「かんしゃくボム」のダメージを上げる準備をしていきます。メッソンやパラスを場にできるだけ多く出しましょう。2回目の番から、からくちスパイシーカレーやパラセクトの特性「ぐったりほうし」を使い、ヒスイ マルマインVを特殊状態にし、からくりアームをつけてワザ「かんしゃくボム」で大ダメージを出していきましょう! 相手のポケモンをワザのダメージとどくの10ダメージでもきぜつさせられない場合は、かがやくヒスイ オオニューラを使う事で足りないダメージを補うことができます。



採用しているおすすめカード

1枚目

パラセクト
「ダークファンタズマ」収録

特性「ぐったりほうし」でお互いのバトルポケモンをどくとねむりにすることができます。これにより、ヒスイ マルマインVのワザ「かんしゃくボム」のワザのダメージが上がります。

2枚目

からくちスパイシーカレー
ソード&シールド プロモカードパック第8弾収録

バトルポケモンをやけどにすることができます。パラセクトの特性「ぐったりほうし」と合わせることで、どく、ねむり、やけどの3つの特殊状態にできます。

3枚目

からくりアーム
「ダークファンタズマ」収録

ねむりやマヒでもワザを使えるようになる、ポケモンのどうぐです。ヒスイ マルマインVが特殊状態でワザのダメージを上げることができますが、ねむりやマヒの場合はワザを使えないため、必須のポケモンのどうぐです。

デッキレシピ

ポケカ四天王・ヤマグチ ヨシユキ直伝

四天王記事_ヤマグチヨシユキ.jpg

ワザ「マグネグリップ」を攻めの中心にしつつ、色々なグッズの効果を駆使しながら戦っていくことを目指してデッキを考えました。


ここが強い!

VSTARパワーのワザ「エレクトロスター」が強力に働く場面は多いと考えました。マナフィやオドリドリが場にいる場合は、ボスの指令、クロススイッチャーでそれらのポケモンをバトル場に出しながら、キャンセルコロンを使うと、より強力に「エレクトロスター」を使えるでしょう。同じタイミングで揃えるのが難しいこれらのカードも、ワザ「マグネグリップ」のおかげで、揃う場面を作り出すことができます。オリジンパルキアVSTAR、ミュウVMAX、アルセウスVSTARなど、現在流行っているデッキのメインのポケモンの弱点を突きながら戦えるところも、面白いポイントの1つだと考えています。



採用しているおすすめカード

1枚目

ゾロアーク
「イーブイヒーローズ」収録

特性「げんえいへんげ」のおかげで場面に応じた1進化ポケモンを使って戦うことができます。自分好みの使いたい1進化ポケモンを選択するのもこのデッキの楽しみの1つです。

2枚目

ピオニー
「スタートデッキ100」 収録

山札のトレーナーズを手札に加えられるカードです。手札を全てトラッシュしてしまいますが、ビーダルの特性「はたらくまえば」やローズタワーで、デメリットを補いながら使いたいところです。

3枚目

スピード雷エネルギー
「VMAXクライマックス」収録

このデッキにおいては、ジバコイルV、ジバコイルVSTARにつけると山札を2枚引くことができます。やや足りなくなりがちな手札を補ってくれる1枚です。

デッキレシピ

TO PAGE TOP