• レギュレーション
  • レギュレーション

「エクストラバトルの日」の準備はこれでバッチリ!

エクストラレギュレーション バナー


10月より、全国のポケモンカードジムでエクストラレギュレーションで行われる、「エクストラバトルの日」が始まります。

「エクストラレギュレーションって何?」「どんなポケモンが強いの?」


今回はそんなエクストラレギュレーションを解説し、最新のポケモンGXと組み合わせたコンボを紹介します。


エクストラレギュレーションとは?

「サン&ムーン」シリーズのカードのみでデッキを作るスタンダードレギュレーションに加えて、「XY」 「XY BREAK」シリーズ、「BWシリーズ」のカードもデッキに入れることができるルールです。

使用できるカードのボリュームはスタンダードレギュレーションが約4,000種に対し、エクストラレギュレーションでは8,000種以上!
使えるカードが多い分、様々なコンボが楽しめるレギュレーションです。

※2019年9月13日(金)現在の情報です。
また、一部使用が制限されるカードもありますので、くわしくはこちらのレギュレーションページをご確認ください。

超絶コンボを解説!

後攻1回目の番で、「オルタージェネシスGX」

アルセウス&ディアルガ&パルキアGXの「オルタージェネシスGX」は鋼エネルギーと水エネルギーが1つずつついていれば、その後自分のポケモン全員が使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージはすべて「+30」され、相手のバトルポケモンをきぜつさせた場合、サイドを1枚多くとれる、強力なワザです。

できるだけ序盤に使いたいワザですが、エクストラレギュレーションでは簡単に使うことができます。

ダブルドラゴンエネルギーは、ドラゴンタイプ限定で、すべてのタイプのエネルギー2個ぶんとしてはたらく特殊エネルギーです。
ドラゴンタイプであるアルセウス&ディアルガ&パルキアGXに1枚つけるだけで、「オルタージェネシスGX」を追加効果込みで使えるので、後攻1回目の番から使うことができます。



「フレアストライク」を強化!


レシラム&リザードンGXの「フレアストライク」は230ダメージの強力なワザですが、こだわりハチマキをつけて+30しても260ダメージで、一部のTAG TEAM GXは、一撃で倒すことが出来ません。


ボルケニオンEXは特性「スチームアップ」で手札の炎エネルギーをトラッシュすることで、自分の炎タイプのたねポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは、+30されます。

レシラム&リザードンGXは炎タイプのたねポケモンであるため、こだわりハチマキをつけた時の「フレアストライク」は290ダメージまで上がり、HPの高いTAG TEAM GXのポケモンも一撃できぜつさせることができます。

加えて、ボルケニオンEX自身はデュアルタイプとして炎と水の2つのタイプを持つため、特性「スチームアップ」を使ってからの「ボルカニックヒート」でレシラム&リザードンGXの弱点を突き、一撃できぜつさせられます。



特性「パーフェクション」を補完!

ミュウツー&ミュウGXは特性「パーフェクション」で、自分のベンチまたはトラッシュにあるポケモンGX・EXが持っているワザを、すべて使えることが最大の特徴です。

バトルコンプレッサーは自分の山札から好きなカードを3枚まで選び、トラッシュできます。

1進化・2進化のポケモンGXや、M進化のポケモンEXでも簡単にトラッシュに置くことができ、特性「パーフェクション」でワザを使うことが簡単になります。


次元の谷は超タイプのポケモンが使うワザに必要なエネルギーを、無色エネルギー1個ぶん少なくできます。

つまり、ミュウツー&ミュウGXが特性「パーフェクション」でレシラム&リザードンGXの「フレアストライク」を使う場合、炎エネルギー3つで使うことができます。



HPを強化したピカチュウ&ゼクロムGX

ピカチュウ&ゼクロムGXは強力なワザや、エレキパワーを始めとしたトレーナーズのカードと相性が良いことから、登場以来公式大会でも多くのプレイヤーに使われているポケモンです。

TAG TEAM GXのポケモンとしては少しHPが低いため、こだわりハチマキをつけたレシラム&リザードンGXの「フレアストライク」で、きぜつさせられてしまいます。

闘魂のまわしをつけると、たねポケモンの最大HPは「40」大きくなり、相手のバトルポケモンへのワザのダメージを+10します。

たねポケモンであるピカチュウ&ゼクロムGXのHPは280となり、一撃できぜつさせられにくくなります。




強化カード盛りだくさんのゾロアークGX

ゾロアークGX


ゾロアークGXは特性「とりひき」で手札を増やしたり、ダブル無色エネルギー1つで使える「ライオットビート」が強力で、特にルガルガンGXとの組み合わせが数多くの公式大会を席巻しました。

...エクストラレギュレーションでは、他にも相性のいいカードがあります。


ダークパッチ
ダークライEX


ダークパッチで、基本悪エネルギーをトラッシュからつけることができるので、すぐに「ライオットビート」や、「トリックスターGX」を使えます。


ベンチにダークライEXがいれば、特性「やみのころも」で悪エネルギーがついたポケモン全員はにげるためのエネルギーがゼロになるため、バトルポケモンを入れ替えやすくなります。


スカイフィールド
タマタマ
ゾロアーク


スカイフィールドで、おたがいのプレイヤーがベンチに出せるポケモンの数は、8匹になります。つまり、「ライオットビート」の最大ダメージが180ダメージまで上がります。


タマタマの持つ特性「ぞうしょく」は、タマタマがトラッシュにあるなら、自分の手札にもどすことができます。つまり、特性「とりひき」でトラッシュしても、再び手札にもどすことができます。


また、ゾロアからの進化先として使い分けのできる、BWシリーズ「ホワイトコレクション」収録のゾロアークは、相手のバトルポケモンが持っているワザを1つ選び、このワザとして使ってしまう、「イカサマ」が強力です。




その他にも、エクストラレギュレーションならではのコンボは数多くあります。そうしたコンボを見つけていく楽しみが、より広がるあそび方です。



「エクストラレギュレーションBOX」発売!

今回紹介した「XY」 「XY BREAK」シリーズ、「BWシリーズ」のカードですが...10月4日(金)発売のポケモンカードゲーム BW/XY「エクストラレギュレーションBOX」に全て収録されています!

製品画像

ここで紹介をしている商品以外にも、特性「セットアップ」が強力なシェイミEXや、トラッシュからサポートを手札に加えられるバトルサーチャー、にげるためのエネルギーをゼロにできるかるいしといった強力カードが収録されています。


強力カードが一気に手に入る「エクストラレギュレーションBOX」で、エクストラレギュレーションの世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか?

関連情報

TO PAGE TOP