• レギュレーション
  • レギュレーション

カードの種類と見かた

カードは、大きく分けて4種類あります。

  • ポケモン
  • エネルギー
  • トレーナーズ
  • 特別なカード

ポケモン

ワザを使って相手のポケモンを攻撃したり、相手からの攻撃を受けたりするカードです。ポケモンごとに、持っているワザやHP(体力)などがちがいます。
ダメージを受けて、残りHPがなくなると、そのポケモンは「きぜつ」になり、たたかえなくなってしまいます。

1名前

ポケモンの名前です。同じ名前のカードはデッキに4枚まで入れることができます。

2HP

このポケモンの体力です。この数字ぶんのダメージを受けると「きぜつ」します。

3タイプ

このポケモンのタイプです。ポケモンのタイプは「弱点・抵抗力」に影響します。

4進化マーク

進化の段階を表します。「たね」「1進化」「2進化」があります。

5特性

ワザとは別にカードが持つ効果です。特性の効果を発揮しても番は終わりません。

6ワザ

このポケモンが持っているワザです。これで相手を攻撃したり、さまざまな効果を使ったりします。

7弱点

このタイプの相手から受けるワザのダメージが、2倍にふえます。

8抵抗力

このタイプの相手から受けるワザのダメージが、書かれている数値ぶん少なくなります。

9にげる

このポケモンがバトル場からベンチに移動することを「にげる」といいます。そのときに、このポケモンからトラッシュする(カードをトラッシュに置くこと)必要があるエネルギーの数が書かれています。

10レギュレーションマーク

公式イベントなどで使用されるマークです。

11エキスパンションマーク

どの商品に入っているカードか、めじるしとなるマークです。

12レアリティマーク

このカードのめずらしさを表すマークです。拡張パックのカードに入っています。

13コレクションナンバー

この商品のカードの総数と、何番目のカードかが書かれています。

14ポケモンデータ
15ポケモンの説明文
16イラストレーター名

カードにはオモテとウラがあります。ウラ面はすべて同じです。

進化の段階

ポケモンのカードには、「たねポケモン」から進化する「1進化ポケモン」や、さらに進化する「2進化ポケモン」のカードがあります。
進化の段階は、カード左上にある「進化マーク」で確認してください。

進化のしかた

自分のバトル場やベンチにいるポケモンから進化できる「進化ポケモン」が手札にあれば、進化マークに書かれているポケモンの上に重ねて置くことで、進化させることができます。「1進化ポケモン」や「2進化ポケモン」を直接場に出すことはできません。
一度の番に何匹でも進化させられますが、出したばかりのポケモンや進化したばかりのポケモンは進化できません。

ポケモンのタイプ

ポケモンは複数のタイプに分かれ、それぞれに相性(弱点・抵抗力)があります。カードの右上にあるマークでタイプがわかります。弱点や抵抗力によって、受けるダメージが変わります。

タイプ相性

弱点ならあたえるダメージが2倍に、抵抗力があれば受けるダメージが書かれている数値ぶん少なくなります。

エネルギー

ポケモンがワザを使ったりベンチに「にげる」ために必要なカードで、場に出ているポケモンにつけて使います。

  • 無色タイプの基本エネルギーはありません。
  • 基本エネルギーカードはデッキに何枚でも入れることができます。

特殊エネルギー

特殊エネルギーは、ポケモンにエネルギーをあたえるだけでなく、特別な効果を持っています。いろいろな種類があります。

トレーナーズ

いろいろな効果で対戦を助けてくれるカードです。使いかたや効果の違いによって、「グッズ」「サポート」などに分類されます。

グッズ

自分の番に何枚でも使えるトレーナーズです。使ったら、カードに書かれていることをして、トラッシュします。

ポケモンのどうぐ(グッズ)

グッズのなかで、特別な使いかたをするカードです。

  • 使ったら、ポケモンにつけておきます。
    一度つけたら、そのポケモンが「きぜつ」するまでつけたままにします。(番が終わったり、「にげる」や進化をしたりしても、はずしません。)
  • 「ポケモンのどうぐ」は自分の番に何枚でも使えますが、1匹につけられるのは1枚までです。すでに「ポケモンのどうぐ」がついているポケモンにもう1枚つけたり、つけ替えたりすることはできません。

サポート

自分の番に1枚しか使えないトレーナーズです。使ったら、カードに書かれていることをして、トラッシュします。

  • 先攻の最初の番には使うことができません。

スタジアム

対戦の場などに変化をもたらすトレーナーズです。

  • 自分の番に1枚しか使えません。
  • 使ったら、そのまま場に出しておきます。
  • どちらかのプレイヤーが別の名前のスタジアムを出したら、前に出ていたスタジアムは、持ち主のトラッシュに置きます。すでに出ているスタジアムと同じ名前のスタジアムは、手札から出すことができません。

特別なカード

ポケモンV

名前に「V」とついている、特別なポケモンです。

1ポケモンの名前

ビクティニとビクティニVは、別の名前のカードとしてあつかいます。

2ポケモンVのルール

ポケモンVが「きぜつ」したとき、サイドを2枚とられるという特別なルールを持っています。

ポケモンVMAX

ポケモンVから進化する特別なポケモンです。ワザの効果などで「ポケモンV」と指定されている場合は、ポケモンVMAXも含みます。

1ポケモンの名前

ラプラスVMAXは「ラプラス」「ラプラスV」と別のカードとしてあつかいます。

2ポケモンVMAXのルール

ポケモンVMAXが「きぜつ」したとき、サイドを3枚とられるという特別なルールを持っています。

SMシリーズの特別なカード

ポケモンGX

名前に「GX」とついている、特別なポケモンです。
ポケモンGXには「たね」「1進化」「2進化」があります。
「GXワザ」という、対戦中に1回しか使えないワザを持っています。GXワザを使えるポケモンが複数いても、対戦中に使えるGXワザはどれか1つだけです。
また、「GXルール」を持っており、このポケモンが「きぜつ」したとき、サイドを2枚とられます。

1ポケモンの名前

「ソルガレオ」と「ソルガレオGX」は別の名前のカードとしてあつかいます。

2GXワザ

「対戦中に1回しか使えない」という特別なルールを持っています。

TAG TEAM

2匹のポケモンがタッグを組んで1枚のポケモンになった、特別なポケモンGXです。
TAG TEAMはすべて「たねポケモン」です。TAG TEAMのGXワザは、「ワザを使うためのエネルギー」にさらにエネルギーを追加すると、あたえるダメージがアップしたり、新たな効果が追加されたりします。
「TAG TEAMルール」を持っており、このポケモンが「きぜつ」したとき、サイドを3枚とられます。

1ポケモンの名前

「ピカチュウ&ゼクロムGX」は、「ピカチュウ」「ゼクロム」「ゼクロムGX」と別の名前のカードとしてあつかいます。

2GXワザ

ワザを使うためのエネルギーに「+」マークがついていて、エネルギーを追加するとワザのダメージや効果が追加されます。
「対戦中に1回しか使えない」というルールは通常のGXワザと同じです。

プリズムスター

名前にのマークがついている、特別なカードです。
プリズムスターには「たねポケモン」「トレーナーズ」「特殊エネルギー」があります。
(プリズムスター)のルール」を持っていて、同じ名前のプリズムスターのカードはデッキに1枚しか入れられません。また、「きぜつ」したり使い終わったら、トラッシュには行かずロストゾーンに置きます。

1ポケモンの名前

「ボルケニオン」と「ボルケニオン」は別の名前のカードとしてあつかいます。

なぞの化石

たねポケモンとして場に出すことができる、特別なトレーナーズです。「なぞの化石から進化」と書いてあるポケモンは、このカードに重ねて進化させます。(例:チゴラス)「なぞの化石」は、対戦の準備で最初にバトル場やベンチに出すことはできません。

ウルトラビースト

「ウルトラビースト」のマークがついているポケモンです。
ワザの効果やカードの説明文で”「ウルトラビースト」を~”と指定されていたら、このマークを参照します。ウルトラビーストの特別なルールはありません。

TO PAGE TOP