チャンピオンズリーグ2019 千葉レポート

目次

チャンピオンズリーグ2019 千葉(公認大会)、オープンリーグ・スタンダードレギュレーションを制したのはゆうゆう選手!優勝直後の喜びのインタビューをお届けします!



スタンダード優勝 ゆうゆう選手
フェローチェ&マッシブーンGXデッキ

編集可能なデッキレシピはこちらから

インタビュー

優勝おめでとうございます。まず、本日使用されたデッキを教えてください。
フェローチェ&マッシブーンGXのデッキです。
アセロラまんたんのくすりを多く入れて、相手からのダメージを回復していき、「ジェットパンチ」でダメージを与えていきます。
フェローチェ&マッシブーンGX1枚目がきぜつしたら、ルザミーネ◇ビーストリングで勝負を決めに行く戦い方をします。


――フェローチェ&マッシブーンGXデッキを選んだ理由を教えてください。
ピカチュウ&ゼクロムGXデッキやウルトラネクロズマGXデッキなど人気のデッキでは、オープンリーグの強豪と同じデッキ同士で対戦した時、自分は実力で劣ると思ったので、違うデッキで行こうと思いました。
その中でフェローチェ&マッシブーンGXが一番自分のやりたい戦い方、しっくりくる戦い方だったので使いました。



――デッキの使い方のコツはありますか?
大会を通して、ポケモンGXからワザを受けない特性「バンデットガード」を持つフーパに苦しめられました。
次の機会には、ウルトラビーストが使うワザのダメージについて、かかっている効果を計算しないようにできるサポート、ウルトラフォレストのかみつかいは入れたいですね。
準決勝、決勝とフーパ連戦でしたが、勝てたのは運が良かったです。


――日を通して一番活躍したカードはありますか?
ブルーの探索は、キーカードでした。ネットボールこだわりハチマキを持ってくることが多かったです。


――印象に残った試合はありますか?
準決勝でエネルギー8枚の「ビーストゲームGX」を決めることができたのが印象に残っています!
「ビーストゲームGX」は強力で、エネルギー8枚で使えたのは1度だけでしたが、エネルギー1枚で使って決着がついた試合は何度もありました。
エネルギー8枚での「ビーストゲームGX」も狙えるようには構築していますが、うまく決まりました。



優勝おめでとうございます!続いて、準優勝者のデッキを紹介します。

スタンダード準優勝 かわさきたかふみ選手
ルカリオ&メルメタルGXデッキ

編集可能なデッキレシピはこちらから

選手コメント

相手のエネルギーをトラッシュしていき、相手からの攻撃を封じて、アンノーンの「HAND」やアイアントの「やまかじり」で相手のデッキをなくして勝利を狙います。
スカル団のしたっぱが非常に強力です。
相手の手札をのぞけるので、マチスの作戦と一緒に使って、相手の手札にエネルギーが4枚あれば、2枚目のスカル団のしたっぱを使って、一度にエネルギーを4枚トラッシュできます。
また無人発電所がかなり活躍してくれました。
ゼラオラGXの特性「じんらいゾーン」頼りになっているピカチュウ&ゼクロムGXデッキのにげるを封じることで、攻撃させないことができます。

スタンダード3位 とーしん選手
"タマムシビリジオン"

編集可能なデッキレシピはこちらから

選手コメント

「ポケットモンスター 赤・緑」のタマムシシティに登場するポケモンと、ジムリーダーエリカのエースポケモンであるラフレシアを中心にしました。
名付けて「タマムシビリジオン」です。

今の環境の強いデッキは、たねポケモンをアタッカーにしたデッキが非常に多いので、そのワザを使えなくするラフレシアの「にがにがかふん」が有効でした。
また相手の進化ポケモンに対しては、イーブイ&カビゴンGXが力を発揮してくれました。
例えば、ゾロアークGXサンダースGXに対しては、「ダンププレス」で240ダメージなので一撃で倒せることが大きかったです。

そのうえで今日のデッキの中でMVPは、なんといってもフェローチェ&マッシブーンGXです。
前日まで採用していなかったのですが、ラフレシアを守りながら、「ジェットパンチ」で、カラマネロを倒すことができた点で非常に有効でした。
勧めてくれた友人たちに感謝しています。

スタンダード3位 オギノ選手
ジラーチ+サンダーデッキ

編集可能なデッキレシピはこちらから

選手コメント

一日を通してフーパが活躍してくれました。
このカードのおかげで勝てた試合も何度もありました。
1枚フェローチェ&マッシブーンGXが入っているので、同じジラーチサンダーデッキ同士の対戦でも、サイドを多く取ってバトルを有利に戦えます。
ゲームの展開を考え、サイドをどのポケモンで取っていくかを最初に決めることがプレイのコツです。


そして、チャンピオンズリーグ2019 千葉では、エクストラレギュレーションの大会も開催されました。優勝はなつる選手! なつる選手にも、インタビューをうかがいました!

エクストラ優勝 なつる選手
ゾロアークGX+ルガルガンGXデッキ

編集可能なデッキレシピはこちらから

インタビュー

――優勝おめでとうございます。まず、本日使用されたデッキを教えてください。
ルガルガンGX+ゾロアークGXのデッキです。


――ルガルガンGXゾロアークGXデッキを選んだ理由を教えてください。
デッキの相性が出やすい状況の中で、ルガルガンGXゾロアークGXデッキは、どのデッキとも不利にならずに戦えると思ったからです。



――デッキの使い方のコツはありますか?
ニンフィア&サーナイトGXや、フェローチェ&マッシブーンGXフシギバナ&セレビィGXなどTAG TEAM GXのデッキは(HPが高い、ダメージを受けにくい、回復をするなどで)耐久力が高いので、ワザのダメージが大きくないゾロアークGXルガルガンGXでは戦いにくいところもありますが、マチスの作戦からエリートトレーナーこわいおねえさんで相手の手札をなくすことで、有利に戦えます。

こういった戦略を取れるのは、ゾロアークGXの器用さがあってこそです。


――最後まで調整したこだわりのポイントを教えてください。
マッシブーン+ダストダスデッキの対策のため、ウルトラビーストに70ダメージを出せる「レッドナックル」を持つマーシャドーを入れていたのですが、マッシブーンに強くても、ダストダスの「ゴミなだれ」が強く、あまり有利に戦えななかったので、あえてマーシャドーを抜いて、タマタマを入れました。
それによってゾロアークGXの特性「とりひき」で手札のグッズをトラッシュする必要なくなり、マッシブーン+ダストダスデッキ相手にも強く戦えます。


――エクストラレギュレーションの大会に出た理由はありますか?
ポケモンカードゲームXYの頃から始めていたので、なじみのカードが多かったことと、エクストラで一緒に遊べるプレイヤーが周りにいたことが大きいです!



皆様おめでとうございます。
次のチャンピオンズリーグ2019 京都は4月14日開催!
京都ではどんなデッキが活躍するのか楽しみですね!

関連情報

PAGE TOP