• レギュレーション
  • レギュレーション

「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2022」優勝者インタビュー

banner


6月11日(土)・12日(日)に開催された「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2022」(以下「PJCS2022」)の各リーグ優勝者に、インタビューを実施しました。実際に使用されたデッキとあわせてご紹介します。


マスターリーグ優勝 ヤマノ タケル選手

詳しいデッキレシピはこちら


インタビュー

―――優勝おめでとうございます。今のお気持ちを聞かせてください。

今のところ優勝した実感はないです......。もう少し落ち着いたら、優勝したことをかみしめたいと思います。「チャンピオンズリーグ2022 愛知」では1勝3敗という成績だったので、「それよりは良い成績を」と思っていました。ここまで勝ち上がるとは思っていませんでした。



―――今回使用したデッキに決めた経緯を教えてください。

2日前くらいまでアルセウスVSTARインテレオンのデッキと、このレジギガスのデッキで迷っていました。レジギガスの方が、自分自身で煮詰めた部分が多く、練度も高いと判断してレジギガスデッキで参加しました。



―――デッキの特徴を教えてください。

パワフル無色エネルギーを採用しておらず、ツインエネルギーも1枚のみの採用としています。エネルギーの枚数が少なくなっている部分を、エネくじで補っている構築になっています。レジギガスがワザを使う試合はとても少ないので、このようなバランスにしました。レジギガスがワザを使う必要がある際も、手札からエネルギーをつけることも鑑みれば、ツインエネルギーが無くてもプレイングでカバーすることができます。
また、エネルギーが多すぎて手札に持て余すと、レジドラゴの特性「りゅうのひほう」で山札を引ける枚数が減ってしまう恐れがあります。特性「りゅうのひほう」を最大限に活かすことも考えています。同様に、同じポケモンが複数枚手札に来てしまうと、特性「りゅうのひほう」で引ける枚数が減ってしまうという理由から、すべてのポケモンを2枚採用にしています。
手札の枚数を0枚にし、レジドラゴの特性「りゅうのひほう」で4枚引く。そしてサポートでさらに山札を引くというのが、このデッキの動きになります。



―――今回の大会で活躍したカードを教えてください。

直前に採用を決めたポケギア3.0が良い働きをしてくれました。ボスの指令を使いたいときに狙うことができたり、手札はあるのに動けないときには、マリィを狙いにいって、手札をトラッシュせずにいれかえることができたりと、とても便利なカードでした。
他にも、頂への雪道は、多くのデッキに対して強力なカードでした。オリジンパルキアVSTARのデッキに対しては、オリジンパルキアVSTARのVSTARパワーの特性「スターポータル」やかがやくゲッコウガに有効ですし、ミュウVMAXのデッキに対しては、ゲノセクトVの特性「フュージョンシステム」をとめることができます。さらに、ジュラルドンVMAXのデッキに対しては、この頂への雪道があることで勝つことができるようになります。
頂への雪道が広く有効なカードになっていて、ポケギア3.0がいい味を出してくれていました。



頂への雪道
ポケギア3.0



―――これからレジギガスのデッキを使いたいというプレイヤーにアドバイスなどありますか。

オリジンパルキアVSTARのデッキを相手にするときは、ツールジャマーが入っていることに注意すると良いと思います。レジエレキこだわりベルトをつけて無理に一発で倒そうとせずに、レジアイスのワザ「ブリザードバインド」で、オリジンパルキアVSTARの動きを止めながら戦うと、相手がにげるためのエネルギーをトラッシュせざるをえない状況を作ることができます。そうなると相手のポケモンが育たず、次のワザでオリジンパルキアVSTARが倒せる展開も作れるので、有利に試合を進めることができます。このような戦い方も覚えておくと良いと思います。



―――「ポケモンワールドチャンピオンシップス2022」(以下、「ポケモンWCS2022」)に向けて意気込みをお願いします。

2016年と2017年に世界大会に出場していたのですが、2018年に出場権を逃したことが悔しくて、今年はめちゃくちゃ行きたいと思っていました。ずっと世界一を目指しているので、そこに向けて頑張ります!



マスターリーグではレジギガスのデッキが優勝を飾りました! ヤマノ選手は過去に世界大会を経験しており、今年は絶対に行きたかったとのことです。優勝という最高の形で、再び世界大会で活躍されることを期待しています! 優勝おめでとうございます!




シニアリーグ優勝 コガワ シュウト選手

詳しいデッキレシピはこちら


インタビュー

―――優勝おめでとうございます。今のお気持ちを聞かせてください。

いつもポケカをしている友達や弟は世界大会の権利があるのに、自分だけが権利をもっていなかったので、権利の得られるTOP8に入ることが目標でした。なので、TOP8を決めたときは「やっとみんなと肩を並べたぞ!」という気持ちで嬉しかったです。ここまで来れたのは、練習をしてくれている仲間のおかげです。



―――今回使用したデッキに決めた経緯を教えてください。

お父さんがオリジンパルキアVSTARのデッキを使っていたことと、自分がコインを投げると何故かウラしかでないので、コインを投げないデッキという理由からもこのデッキに決めました。



―――デッキのこだわったポイントを教えてください。

キャプチャーエネルギーを採用せずに、バトルVIPパスを2枚採用しているところです。
オリジンパルキアVSTARのワザ「あくうのうねり」は水エネルギーが2個必要なので、オリジンパルキアVにキャプチャーエネルギーをつけるよりも、バトルVIPパスを引く確率をあげるほうが強いと思い、この構築にしました。



バトルVIPパス



―――今回の大会で活躍したカードを教えてください。

かがやくゲッコウガクロススイッチャーです。
おなじオリジンパルキアVSTARのデッキと対戦する際には、マナフィを出せずにいる際に、かがやくゲッコウガのワザ「げっこうしゅりけん」でメッソンジメレオンを2匹倒す動きが非常に強力です。相手のメッソンを倒し続けることで、相手は特性「うらこうさく」が使えず、ツツジを手札に持ってくることも困難になり、逆転もされづらくなります。
クロススイッチャーはツツジと組み合わせることで、相手の主力ポケモンを倒しながら、相手の手札を減らすことができる点がとても強かったです。



クロススイッチャー
かがやくゲッコウガ


―――「ポケモンWCS2022」に向けて意気込みをお願いします。

世界はとてもレベルが高いので、しっかり仲間たちと練習をして、勝てるようにしたいと思います。例年通りプライズがあるなら、できるだけ獲得できるように、たくさん勝ちたいと思います!



コガワ シュウト選手の弟も、同日「PJCS2022」ジュニアリーグでTOP8に入り、兄弟そろって世界大会へ参加されるとのことでした。世界大会でも、ご兄弟そろっての活躍を期待しています! 優勝おめでとうございます!




ジュニアリーグ優勝 ウメハラ ハルク選手

詳しいデッキレシピはこちら


インタビュー

―――ポケモンジャパンチャンピオンシップス二連覇おめでとうございます!今のお気持ちを聞かせてください。

まずは、大会を通して対戦してくださった皆さん、ありがとうございました。練習をしてくれた方々にも感謝したいです。優勝することができて凄くうれしいです。



―――去年のポケモンジャパンチャンピオンシップス2021(以下「PJCS2021」)と比べて、違うと感じたところはありますか。

今回も優勝は狙ってはいたんですけど、簡単ではないことはわかっていたので、2日目の本選に進むことを目指していました。去年よりも参加されている皆さんが強くて、ツツジを使って逆転を狙わないと勝てないような試合が多かったです。



―――今回使用したデッキに決めた経緯を教えてください。

「チャンピオンズリーグ2022 横浜」のシニアリーグで優勝しているのをみて、強そうだなと思ってオリジンパルキアVSTARのデッキを練習しました。ジムバトルでも、全勝することができ、良さそうだなと思ってこのデッキで参加することを決めました。



―――使用したオリジンパルキアVSTARのデッキについて教えてください。

もともとキャンセルコロンを入れていたのですが、ふしぎなアメに変えた構築にしています。ふしぎなアメがとても強力であることと、「PJCS2022」の本選ではBO3での対戦ということもあり、1本目でキャンセルコロンを採用していることがバレてしまうと、マナフィを出さずにベンチのポケモンを少なくするなど対策をとられてしまい、2本目以降は有効的に使えないことを警戒し、ふしぎなアメを採用しました。



ふしぎなアメ



―――今回の大会で活躍した1枚を教えてください。

ツツジです。相手の手札が多くなっても逆転することができる、とても助けられた1枚です。




―――「ポケモンWCS2022」に向けて意気込みをお願いします。

行ったことのない国(イギリス)で、凄く強い人たちと対戦することになると思いますが、あきらめずに自分のベストを尽くして戦いたいと思います。優勝を目指します!



ウメハラ選手は去年の「PJCS2021」に続いて、2大会連続の優勝となります! 史上初のPJCS二連覇をした選手として、8月の「ポケモンWCS2022」での活躍も是非期待したいです。優勝おめでとうございます!




「チャンピオンシップシリーズ2023」も発表され、いよいよ「ポケモンWCS2022」が今年の8月と迫ってきました。参加される選手はもちろん、日本から応援する皆さまも、ぜひ一緒に楽しみましょう!

TO PAGE TOP