• レギュレーション
  • レギュレーション

覗いてみよう、エクストラの世界!

ポケカチャンネルメンバーのライチュ梅川とカイリュー新海が、何やら会話をしているのが聞こえてくる......


ライチュ梅川
ライチュ梅川
過去に大型大会で活躍していたプレイヤーであり、イベントでの実況解説も務めるポケカエキスパート。ポケモンカードチャンネル内では一番の実力者

カイリュー新海
カイリュー新海
大型大会のデータ分析を担当し、エクストラレギュレーションにも精通している、ポケモンカードチャンネルのメンバー

ライチュ梅川:最近僕の周りで、エクストラレギュレーションの盛り上がりを感じていますが、新海さんはどうですか?


カイリュー新海:「チャンピオンズリーグ2022 愛知」でもエクストラレギュレーションがあったり、「エクストラバトルの日」も開催されていて、すごく盛り上がってるよね。


ライチュ梅川:ポケモンカードチャンネルでも、エクストラレギュレーションの対戦動画を上げたりしていますけど、視聴者の皆さんもコメント欄で盛り上がっています。僕自身、実際に遊んでみると、スタンダードレギュレーションとは違った楽しさがありますね。


カイリュー新海:エクストラレギュレーションならではのコンボとか、派手な動きがあって面白いよね! もっとたくさんの人に遊んでもらえると嬉しいな。


ライチュ梅川:では、今回はエクストラレギュレーションの魅力が詰まった対戦動画を、2人でそれぞれ1つ選んで、紹介してみるというのはどうでしょう? まずは新海さんからどうぞ!


カイリュー新海:それでは、こちらの動画を紹介します!





カイリュー新海:この動画では、ドダイトスデッキの対戦相手としてピカチュウV-UNIONデッキが登場し、エクストラレギュレーションで活躍するポケモンV-UNIONの動きを見ることができます。


ピカチュウV-UNION

トラッシュに4枚揃わないとベンチに出ることのできないポケモンV-UNIONですが、山札のカードを3枚トラッシュできるバトルコンプレッサーを使うことで、ベンチに出すためのハードルがかなり下がります。そのため、この動画でもピカチュウV-UNIONがすぐにベンチに出ていますね。


バトルコンプレッサー

さらに、エクストラレギュレーションのデッキの傾向として、デッキに採用されるサポートの枚数が少ないということがありますが、これには、バトルサーチャーというグッズを使い、トラッシュのサポートを選んで手札に加えるという動きができるため、山札から欲しいサポートを引く必要性が低いという背景があります。つまり、ピカチュウV-UNIONのワザ「でんじしょうがい」の「相手が次の番グッズを使えなくなる」という効果でバトルサーチャーも使えなくしてしまえば、相手はサポートまで使いづらくなる可能性が高くなり、非常に有効というわけです。


バトルサーチャー

同じカードをデッキに1枚しか入れられないかわりに強力な、プリズムスターのカードにも注目です。この試合では、メタモンやカプ・コケコなど、強力な特性をもつポケモンや、サンダーマウンテンといったスタジアムの活躍を見ることができます。


メタモン◇

エクストラレギュレーションでは、「ACE SPEC」という強力なグッズを使うことができます。動画では、パソコン通信という、手札を2枚トラッシュし山札から好きなカードを1枚手札に加えることのできる、ACE SPECのグッズを使用しています。同じように手札を2枚トラッシュするハイパーボールではポケモンしか選べないところ、パソコン通信では好きなカードをなんでも選んでよいことを考えれば、その強さがよくわかりますね。ACE SPECのグッズはデッキに1枚しか入れられないので、どのACE SPECのグッズを入れるかで、戦略が大きく変わるのが面白いところです。


パソコン通信

対戦の終盤では、サポートのNが活躍します。相手のサイドが残り1枚の場面で使えば、相手の手札を1枚にすることができます。エクストラレギュレーションではよく見られるシーンですが、非常に強力な動きです。手札が1枚になった対戦相手は、一転して動きが鈍くなることが多いので、ピンチから逆転のチャンスを生むことのできる、エクストラレギュレーション定番のサポートといってよいかもしれません。


N

ピカチュウV-UNIONデッキが実際にどんな風に活躍をするかは、動画を見て確かめてみてください!



それじゃあ、次はライチュ梅川に紹介してもらいましょう。




ライチュ梅川:この動画では、おたがいのデッキから、エクストラレギュレーションらしいコンボがどんどん出てくるため、ぜひ見てもらいたいです。まず、僕が使うミュウVMAXデッキには、ダブル無色エネルギーが入っていて、ミュウVMAXのワザ「クロスフュージョン」を、エネルギー1枚で簡単に使っていくことができます。


ダブル無色エネルギー

ほかにも、スタジアムの次元の谷でワザを使うためのエネルギーを減らすことで、無色エネルギー1個で「クロスフュージョン」を使うこともできるようになります。基本超エネルギーはもちろん、弱点がなくなる効果が強力なウィークガードエネルギーをつけてあげるとよいでしょう。


次元の谷

このように、ダブル無色エネルギーや次元の谷を使うことによって、早い段階からワザを使うこともできますし、エネルギーが場にない状況からでも、その番にワザを使うことができるようになります。

このデッキでは、ワザ「テクノバスター」を使ったあとのミュウVMAXにかかっている「次の自分の番、このポケモンはワザが使えない」という効果をなくすために、ミュウVMAXをベンチにいったん下げることが多いです。そうした時に、サポートのグズマが役に立ちます。相手のベンチポケモンとバトルポケモンを入れ替えつつ、こちらは、一度ベンチに下げたミュウVMAXを再びバトル場に出すことができるためです。対戦動画中ではそのチャンスがありませんでしたが、エクストラレギュレーションならではの、強力な動きですね。


グズマ

次に、ななっぷるが使うアマージョVデッキについても、紹介したいと思います。

このデッキは、スタジアムのスカイフィールドによって、ベンチに出せるポケモンの数を8匹に増やすことで、アマージョVのワザ「クイーンオーダー」で出せる最大ダメージを、320まであげています。


スカイフィールド

「クイーンオーダー」でトラッシュしたポケモンを再び場に用意する手段も豊富で、タマタマは特性「ぞうしょく」でトラッシュから手札にもどすことができますし、


タマタマ

ギラティナは特性「やぶれたとびら」でトラッシュからベンチに出しつつ、相手のベンチポケモンにダメカンをおいて弱らせることができます。


ギラティナ

ワザを使うためのエネルギーもピーピーマックスで準備しやすく、大ダメージの「クイーンオーダー」を安定して使い続けられる点が非常に強力です。

対戦動画中、僕はミュウVMAXデッキを使ってこのアマージョVデッキと戦ったのですが、自分の場のたねポケモンが持つワザをすべて使える特性「はじまりのきおく」を持つミュウで、アマージョVの「クイーンオーダー」を使うこともでき、その場合、ミュウを倒したとしてもサイドを1枚しかとることができないので、厄介でした。


ミュウ

今回ご紹介したデッキの2つ、どちらも非常に強力ですが、はたしてどちらが勝ったのかその勝敗が気になる方は、ぜひ動画をご覧ください!




カイリュー新海:この対戦、アツかったよね。まさか〇〇がXXで△△になるなんて......


ライチュ梅川:おおっと! 新海さん、ネタバレになってしまうので、詳しくは動画を見てもらいましょう(笑)


カイリュー新海:いやー、エクストラレギュレーションって本当に面白いよね。ただ、昔のカードがよくわからないから、遊ぶのをためらっている人が多いって聞くこともあって......


ライチュ梅川:そうですね。昔のカードをいろいろ使える多様性がエクストラレギュレーションの魅力である一方、そのぶん難しさを感じている人がいるのは事実だと思います。でも、よく使われるカードから抑えていけば、実はそんなに覚えることは多くないんですよ。そのことも、動画で紹介しています!



エクストラレギュレーションの基礎知識を身につけていただくのにオススメの動画です!
エクストラレギュレーションで使える特別なカードの特徴や、ライチュ梅川の視点で、よく使われていると思うカードを紹介しています。これから始めてみたい方は特に要チェックです!


さらに、ポケカチャンネルには、現在のエクストラレギュレーションの動画をまとめた再生リストがあります。この記事で紹介できなかった、おもしろい対戦動画がまだまだあります。ぜひご覧ください!


再生リスト「エクストラレギュレーション」


カイリュー新海:現在、「エクストラバトルの日」という、エクストラレギュレーションのイベントが開催中です。優勝賞品だけでなく、参加賞やじゃんけん賞もあるので、気軽にエクストラレギュレーションで遊んでみましょう!


イベント「エクストラバトルの日」


エクストラバトルの日
TO PAGE TOP