Q&A検索結果一覧

キーワードで検索

レギュレーション

カード名や、カードに記載されているテキストで検索してください。

ルールに関してのみではなく、一部カードの特性やワザの解説も掲載しております。

検索結果

56

検索条件

 しょうひん:強化拡張パック「新たなる試練の向こう」
  • 相手のヤミカラスがワザ「ふきとばし」を使い、ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」をつけている自分のバトルポケモンがきぜつしました。
    このとき、ワザ「ふきとばし」の効果で、特性「フライトナイト」を持つイベルタルをバトル場に出した場合、ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」の効果で、きぜつしたポケモンについている基本エネルギーを、ベンチポケモンにつけ替えることはできますか?
    いいえ、できません。
  • 相手のヤミカラスがワザ「ふきとばし」を使い、ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」をつけている自分のバトルポケモンがきぜつしました。
    このとき、ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」の効果で、きぜつしたポケモンについている基本エネルギーを、ベンチポケモンにつけ替えることはできますか?
    はい、できます。
  • 特性「フライトナイト」がはたらいていて、ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」がついているイベルタルが、相手のポケモンが使うワザのダメージできぜつしたとき、ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」の効果で、イベルタルについている基本エネルギーをつけ替えることはできますか?
    いいえ、できません。
  • 自分のベンチに、ポケモンのどうぐ「学習装置」がついているポケモンがいるとき、ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」がついている自分のバトルポケモンが、相手のポケモンが使うワザのダメージできぜつした場合、ポケモンのどうぐ「学習装置」の効果と、ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」の効果は、どちらが先にはたらきますか?
    きぜつしたポケモンの持ち主が、順番をえらぶことができます。
    ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」の効果でエネルギーをつけ替えたとき、まだエネルギーが残っていれば、そのエネルギーは「学習装置」の効果でつけ替えることができます。
  • 「θダブル」の効果で、ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」が2枚ついているバトル場のエンテイに、基本炎エネルギーが4枚ついているとき、エンテイが相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつした場合、エンテイについている基本炎エネルギー4枚をつけ替えることはできますか?
    はい、できます。
  • ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」がついていて、基本エネルギーがついたセレビィが、相手のポケモンが使うワザのダメージできぜつした場合、セレビィの特性「ときをかける」の効果と、ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」の効果では、どちらが先にはたらきますか?
    セレビィの持ち主が順番をえらぶことができます。
    セレビィの特性「ときをかける」を先に使い、投げたコインがオモテだった場合、ついている基本エネルギーも山札にもどすため、ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」の効果でエネルギーをつけ替えることはできません。
  • ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」がついている自分のバトルポケモンが、相手のルガルガンGXのワザ「かみくだく」を受けてきぜつしました。
    このとき、ルガルガンGXのワザ「かみくだく」の効果でエネルギーをトラッシュするのと、ポケモンのどうぐ「ねがいのバトン」の効果でエネルギーをつけ替えるのでは、どちらを先に行いますか?
    先にエネルギーをトラッシュします。
  • 自分のトラッシュに「レインボーエネルギー」が1枚あるとき、ダークライGXの特性「リザレクション」を使って、ダークライGXをベンチに出した場合、「レインボーエネルギー」をダークライGXにつけることはできますか?
    いいえ、できません。
    「レインボーエネルギー」はポケモンについているかぎり、すべてのタイプのエネルギー1個ぶんとしてはたらきますが、ポケモンについていない場合、無色タイプのエネルギー1個ぶんとしてはたらくため、特性「リザレクション」の効果でダークライGXにつけることはできません。
  • 関連カード
    自分のトラッシュに悪エネルギーがないとき、ダークライGXの特性「リザレクション」を使うことはできますか?
    はい、できます。
    この場合、ダークライGXをベンチに出して、効果を終えます。
  • 相手の場に、特性「みずしゅりけん」を持つゲッコウガから進化したゲッコウガBREAKがいるとき、マニューラのワザ「あくのおきて」を使った場合、ゲッコウガBREAKは特性を2つ持っていますが、120ダメージをあたえることはできますか?
    いいえ、できません。
    特性を複数持っているポケモンをえらんだ場合でも、あたえることができるダメージは60ダメージとなります。

お問い合わせ

ポケモンカードゲームQ&Aで調べても、答が見つからないときは、こちらからお問い合わせください。 小さなお子さまはおうちのひとといっしょに読んでください。

PAGE TOP