みなさんこんにちは、ジャッジマンです。

「ポケモンカードゲーム カメックスメガバトル」も 愛知・大阪大会が終了し、残るは千葉・福岡大会ですね。残りの大会に向け、お問い合わせが多かった事例や、プレイミスしやすかった事例を紹介させて頂きます。


1. 相手が手札から「バトルサーチャー」を出し、「N」と言ったので、自分の手札を山札と混ぜてしまった。

0520.jpg
大会の緊張もあるせいか、よく発生しています。
「バトルサーチャー」で「N」を手札に持ってきた後、
「N」を使うことを確認してから、手札を山札に戻しましょう。


2. 対戦準備でサイドを置き忘れたまま対戦進行

初歩的ですが、サイドの置き忘れも多いです。
自分が置き忘れないのはもちろんですが、相手のサイドの置き忘れも、
お互いに確認できることなので、お互いに注意しましょう。


3. フーディンEXの特性「スプーンまげ」

0318_FOODINS.jpg
フーディンEXの特性「スプーンまげ」は、
"進化するときに使え、進化する前に効果を処理する"
ちょっと変わった特性になっています。

ですので、フーディンEXにメガフーディンEXを重ねたり、
進化を宣言した後でも、特性「スプーンまげ」は使えます。
もちろん、進化させた後、別のカードを使ってしまった場合は、
特性「スプーンまげ」をさかのぼって使用できないので注意です。

『M進化します、特性「スプーンまげ」使います』は正しいプレイです。


事例の紹介については以上です。

今回多かったこれらの事例について総括するなら、
「相手のプレイにも注意しよう」ということです。

正しく対戦を進行する責任は、両プレイヤーにあります。
自分の番だけでなく、相手の番にも注意を払い、
ミスのない対戦を心掛けましょう。

また相手のプレイをしっかりと見て、確認することは、
ミスだけでなく、不正の抑止にもつながります。
フェアプレーで、残りの大会も是非、全力で臨んで頂ければと思います。


「ポケモンカードゲーム カメックスメガバトル」の今後の日程はこちら
---------------------------------------------------------------------
千葉大会:2016年5月21日(土)・22日(日)/幕張メッセ 展示ホール3
福岡大会:2016年5月29日(日)/西日本総合展示場 新館
---------------------------------------------------------------------


それではみなさん、ルールを守って楽しいポケカライフをお過ごしください。

ページトップへ戻る

ポケカネットジムしょぞくメンバー

MEMBER

イベントマスター コウヘイ

イベントマスター コウヘイ

おだやかな外見からは想像できない、アツイ想いを持ったイベントせきにん者。

MEMBER

ティーチャー タカシマ

ティーチャー タカシマ

ポケモンカードゲームの先生。ルールなどを、わかりやすく、おもしろく教えてくれる。

MEMBER

ジャッジマン

ジャッジマン

ジャッジのリーダー。複雑なロジックや、ゲーム環境に精通している。

MEMBER

グッズだいすき えみ

グッズだいすき えみ

ポケカを盛り上げるグッズだいすき。日々、使いやすいグッズを研究してるらしい!?

MEMBER

ポケカ調査員 レナ

ポケカ調査員 レナ

愛してやまないポケモンカードゲームの、あらゆる情報を追いかけている調査員。

MEMBER

ジム員

ジム員

全国津々浦々のポケモンカードジムを巡る、ポケモンカードジム事務局員。

MEMBER

ポケカネットジム

ポケカネットジム

ポケカネットジム