起立!礼!着席ー!(先生らしい文頭)
はーい始業のチャイムが鳴りましたー。
ティーチャーですよー。

ワシントンD.C.での激闘がずいぶん前のようにも、つい先日のようにも感じます。
会場の近くには、今まで画面を通してしか見たことの無い超有名な建物がいっぱいでした。

dc1.gif
dc2.gif


今回行われた『Pokémon World Championships 2014』ではビデオゲームも
カードゲームも日本勢が大活躍しました。

中でもベスト8中6人が日本人だったカードゲームのジュニアディビジョン!
そこで見事チャンピオンに輝いたコバヤシハルト選手に、現地でお話を伺いました。

-------------------------------------


ティーチャー(以下T )
コバヤシハルト選手(以下K) 
コバヤシハルト選手のお父さん(以下父)

コバヤシハルト選手のお母さん(以下母) 


T:はい、じゃあ栄光の世界チャンピオン!にインタビューさせていただきたいと思います。
 まず、ポケモンカードゲーム歴教えてもらえますか?いつ始めたの?

K:小学1年生の時。

父:そうだね、1年生になる前のクリスマスにプレゼントで貰って、そこから始めたので。

T:今6年生だからキャリアはだいたい6年か。
 普段はどういう風に練習しているの?

K: ショップでのジムバトルと、カード友達と。

T: じゃあ基本的にポケモンカードジムでプレイしてるのかー。
 普段行っているお店は?北海道のなんてお店?

父:カードランド時和。そこ中心に、夢翔屋。あとはFAIRE


母:一時期、行ける範囲の公認店が全部なくなったんですよね。

T: じゃあ最近ようやくまたポケモンカードジムも増えていって。
 今現在はチャンピオンを育むだけの土壌はあるということなので勘弁してください(笑。
 

dc3.gif

決勝戦でのコバヤシハルト選手


T:強くなるための秘訣を教えてください。デッキは誰がどうやって作っていますか? 

K: 自分で作ってます。
 まず自分の持ってるカードを見たりして、使いたいカードを決めて、とりあえず全部入れて、
 そこからどんどん抜いてくみたいな。


T: なるほど入れるだけ入れてから抜いていくと。

K: あとは自分で微調整。

母:小さい頃から自分で好きなもの入れますね。

T: 結構ジュニアのプレイヤーってご家族のバックアップがあって、
 お父さんがリサーチしてきてデッキを作るケースも多いですけど...。

母:これを対戦相手が使ってきたら困るからデッキに何を入れる?は言いますけど、
 基本「俺はこれを使う!」と言ったらそれを使いますね。

父:その後実際対戦してみたり、あと強い大人の方々の意見を聞いて微調整します。




T: 日本代表になって、今年のポケモンワールドチャンピオンシップスに来るにあたって、
 優勝する自信とかはありましたか?

K: 特になかったかな。

T: どれぐらい勝てそうかとか、ここまで勝ち進みたいとかは?

K: ライバルより上に行きたかった。あいつより下はダサすぎる。

(一同笑

母:挑戦状を叩き付けられたらしくて。

 「お前はどうせ勝てない、悔しかったら勝ってみろ」
 って言われたので、じゃあ勝ち上がってやるって。

T: 切磋琢磨できるライバルがいるということで、なるほどライバルの存在は大事ですねー。
 初めての世界大会どうでした?日本と比べて違いは感じました?

K: いやー日本の大会の方が大変だった。

T: 笑)そうかー。いやまあでもわかる。
 今回ジュニア参加選手の数を見ても、LCQ(Last Chance Qualifier 現地最終予選)
 含めても日本の各地の公式大会の方が参加人数が多いので、ある意味日本の大会で
 勝ち上がる方が難しいかもしれないですね。今回はベスト8中6人が日本人でしたしね。


IMG_0477.gif

決勝後報道陣に囲まれるチャンピオン


 T: 今回プラズマ団のデッキを使いたいと思って持ってくるにあたって、
 対戦相手は色んなカード使ってくるわけじゃないですか。どんなデッキがくるかと予想して、
 それに対する対策はどうしてましたか?

K: まず予想したのはカエンジシでしょ。そこはラティアスEXでみて。
 イベルタルEXボルトロスEX[プラズマ団]キュレム[プラズマ団]で挟んで闘う。

 ダストダスに(デオキシスEX[プラズマ団]特性をロックされると、
 (
キュレム[プラズマ団]のワザ「ブリザードバーン」の)ダメージ出ないから、
 できるだけ序盤はフロストスピアでダメージをポケモンEXにあてるようにして、
 ボルトロスEX[プラズマ団]で落としやすくして。

 後、残りサイド2枚とか,4枚とかになったら
 キュレム[プラズマ団]も挟んで、最後ポケモンEXで倒すみたいな。
 サイドの取り方は結構気にしてた。

T: いいですねえ、ジュニアのプレイヤーってここまで試合の流れを考えてるプレイヤーって
 あんまりいなくて。いわゆる戦略的に考えられるのがさすがワールドチャンピオン。
 それで勝つためにプラズマ団デッキを選んだと。

K: フレフワンと、プラズマ団デッキメタった改造ハンマー白銀の鏡と、
 ゼブライカさえ来なければ何とかなる。ゼブライカは無理っす。

T: なるほど。でもほとんどあたらなかった。
 日本の方が手ごわかったってことは、世界戦は緊張はしなかった?

K:いや緊張しましたよ。足ふるえてましたよ。

T: 一番緊張した試合は決勝戦?

K:違う。ベスト8に入るところの試合。

T: スイスラウンドの最後の試合か。
 あの試合の後、ベスト8に上がれたかどうかの発表を待たないといけないから
 緊張するよね。



T: 今回のデッキでお気にいりのカードは?

K:もちろんキュレム[プラズマ団]でしょ。以外いないでしょ。
 ボルトロスEX[プラズマ団]は安定してるけど、
 キュレム[プラズマ団]いなかったら話にならない。ダークライEX倒せないもん。

KYUREM.pngVOLTOLOSr.png
T: 今回チャンピオンになったので来年ディフェンディングチャンピオンとしての
 戦いがあるんですけど、シニアディビジョンで戦う来年に向けての意気込みを!

K:フリー対戦でシニアの相手に勝てたんで、シニアでもベスト8ぐらいに入れるといいな~って。
 でも周りがみんな俺よりみんな年上だし。

T: 北米もシニアになると選手層もグーンと厚くなるしね。





T: あと最後の試合の内容について聞かせてください。
 決勝戦2本目、フィニッシュで使ったスクランブルスイッチがかっこよくて!
T_ACE_ScrambleSwitch.png もうギャラリーはおおおーってこぶしを振り上げて大盛り上がりでした!

<決勝の模様はこちらからタイムシフト視聴出来ます。(※要プレミアム会員登録)
 2:00:00あたりからがカードゲームのジュニア決勝戦です。>

K:あえてエネルギーを前にはったの。
 スクランブルスイッチはずっとその前から手札に持ってて、

 あえてエネルギーを前に張ったの。プレッシャーかけようと思って。

T: なるほど。最後のスクランブルスイッチは一進一退の攻防の中その前の番のアクロマから
 ずっと手札にあって、最後は華麗にスクランブルスイッチからのデオキシスEX[プラズマ団]
 フィニッシュ、と。


K:やられなかったからよかった。もう1本取ってるし、だから楽しいなーと思ってプレイしてた。

T: 3本勝負の1本目取ったら気楽になるもんね。

K:1本目ですねやっぱり勝負は。1本目取られると結構きつい。気が気じゃなくなる。

T: ではスクランブルスイッチをずっと構えてて、ここだっていうフィニッシュ決めたんですね。
 素晴らしいフィニッシュでした。ミラクルプレイ?じゃないな。スーパービッグプレイか。

母:みんなね、キュレム[プラズマ団]前に出して壁にするのかと思ったらそこに
 エネルギーはるから。
どうするのかと思ってシーンとなってた。


T:みんなまさかあそこでスクランブルスイッチが飛んでくるとは
 思ってなかったんじゃないですかね。


_J8A5357.gif

現地放送席でヒーローインタビュー


T:それでは最後にこのブログを読んでいる全国のプレイヤーに一言。

K:いや、いろいろあるけどね...、
 「夢を叶えよう。」かな。

母:がんばったら夢はかなうよって。
 周りの友達に結構言われてたもんね。住んでいる北海道は島国だしって、
 日本代表自体が無理だからって。

K:うるさいんだよ友達。ぐちぐちぐちぐち・・。

T:まぁまぁ。そんな中チャンピオンを勝ち取ったわけじゃないですか! 素晴らしい勝利でした。
 インタビュー長々とありがとうございました。
 ワールドチャンピオンおめでとうございます!

K:ありがとうございます!
-------------

てなわけで、2014年ワールドチャンピオン、コバヤシハルト選手のインタビューした!

みなさんの目の前にも2015年のワールドチャンピオンへの道はひらけています!
Pokémon World Championships 2015で優勝し、
このブログにインタビュー記事が載るみらいのチャンピオンはアナタかもしれませんよ!


ページトップへ戻る

ポケカネットジムしょぞくメンバー

MEMBER

イベントマスター コウヘイ

イベントマスター コウヘイ

おだやかな外見からは想像できない、アツイ想いを持ったイベントせきにん者。

MEMBER

ティーチャー タカシマ

ティーチャー タカシマ

ポケモンカードゲームの先生。ルールなどを、わかりやすく、おもしろく教えてくれる。

MEMBER

ジャッジマン

ジャッジマン

ジャッジのリーダー。複雑なロジックや、ゲーム環境に精通している。

MEMBER

グッズだいすき えみ

グッズだいすき えみ

ポケカを盛り上げるグッズだいすき。日々、使いやすいグッズを研究してるらしい!?

MEMBER

ポケカ調査員 レナ

ポケカ調査員 レナ

愛してやまないポケモンカードゲームの、あらゆる情報を追いかけている調査員。

MEMBER

ジム員

ジム員

全国津々浦々のポケモンカードジムを巡る、ポケモンカードジム事務局員。

MEMBER

ポケカネットジム

ポケカネットジム

ポケカネットジム