起立!礼!着席ー!(先生らしい文頭)

ポケモーニング! ティーチャーです。

「デッキを作ったものの、どうにもしっくりこない......」
そんなあなたのためにティーチャーの特別授業!

「強いデッキにするためのワンポイント」第1回!

●カードの役割を考えよう

デッキに入れるカードは、そのデッキでどういう仕事をするのか考えて、デッキに入れましょう。

例えば「ポケモン」とひと口に言っても......
 ・相手にダメージを与えるメインアタッカー(例えばミュウツーEX)
 ・バトルをサポートするポケモン(例えばサーナイト)
などが考えられます。

ほかにも
 ・メインアタッカーが苦手とするタイプに、有利に戦えるサブアタッカー
 ・バトルの序盤でポケモンをベンチに出したり、エネルギーをつけたり、
  バトルの準備をサポートできるワザや特性を持ったポケモン
なんかがいると、より安定したバトルができますよね。

サポート役のポケモンは、ワザを使わないと割り切って、
そのポケモンのワザに必要なエネルギーを入れなかったりするのも、アリだと思います。

例えばコインを投げるワザを多く使うデッキに、「レッドコレクション」のビクティニは入れるけど
炎エネルギーを入れない! などなど。

そのカードに何をさせたいのかを考えて、デッキに入れてバトルすることで
よりしっかり戦えるデッキになっていくと思います!


●デッキに組み込んだ作戦が実現しないときは......

・とにかく手札をそろえよう!
素晴らしい作戦を考えてデッキを組んだとしても、カードが手札に来ないと、
せっかくの作戦も実行する前に負けてしまう場合も。

必要なカードが手札にないと何も始まらないので、何はともあれ山札を引くカードは非常に重要です。
「チェレン」「アララギ博士」等のサポートのカードをはじめ、山札を引く能力を持ったポケモンがこれにあたります。

もちろん、ポケモンやエネルギーなどを選び出す「スーパーボール」「デント」も、必要なカードをピンポイントで得ることができるので重要です。

これらのカードで作戦に必要なカードをそろえて、イメージどおりのバトルを実現しましょう!


・使いたいカードは多めに入れよう!
バトルで必ず使いたいカードがあったら、そのカードは多めに入れておいたほうが吉!

例えば最初の番に「コンタクト」を使ってベンチポケモンを並べたかったら、リグレーは4枚入れましょう。
バトルのはじめから使いたいポケモンを多めに入れることで、最初の手札7枚の中に入ってくる可能性は高まります。

また、「どうしてもエンブオーの特性"れっからんぶ"を使いたい!!!!!!!」と思っても「ポカブ」「チャオブー」「エンブオー」をデッキに1枚ずつしか入れてない場合は、どれか1枚でもサイドに行っていたり進化の途中で倒されたりしたら、なかなか「れっからんぶ」を使うところまでたどり着けないですよね。

ただし、枚数を多く入れたばかりに、手札が「ポカブ」「チャオブー」「エンブオー」ばかりになって、「れっからんぶ」するのに必要な基本炎エネルギーが手札に来ない! なんてケースもありうるし、ココ一番で勝負を決める切り札は、あえてデッキに1枚しかに入れない!
など、バトルを重ねて自分のデッキ内での適正な枚数を見つけて調整しましょう!

ページトップへ戻る

ポケカネットジムしょぞくメンバー

MEMBER

イベントマスター コウヘイ

イベントマスター コウヘイ

おだやかな外見からは想像できない、アツイ想いを持ったイベントせきにん者。

MEMBER

ティーチャー タカシマ

ティーチャー タカシマ

ポケモンカードゲームの先生。ルールなどを、わかりやすく、おもしろく教えてくれる。

MEMBER

ジャッジマン

ジャッジマン

ジャッジのリーダー。複雑なロジックや、ゲーム環境に精通している。

MEMBER

グッズだいすき えみ

グッズだいすき えみ

ポケカを盛り上げるグッズだいすき。日々、使いやすいグッズを研究してるらしい!?

MEMBER

ポケカ調査員 レナ

ポケカ調査員 レナ

愛してやまないポケモンカードゲームの、あらゆる情報を追いかけている調査員。

MEMBER

ジム員

ジム員

全国津々浦々のポケモンカードジムを巡る、ポケモンカードジム事務局員。

MEMBER

ポケカネットジム

ポケカネットジム

ポケカネットジム