• レギュレーション
  • レギュレーション

「ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2018 公認大会1st」優勝者インタビュー

by トレーナーズウェブサイト編集部

2017年11月26日(日)に開催された「ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2018 公認大会1st」。スイスドロー形式による予選8回戦、上位64名によるトーナメントの6回戦の計14回戦に及ぶ長丁場の末、マカベヨシヒデ選手が優勝しました。

マカベ選手
<左からTOP4イタガキタクト選手、準優勝ナナヤマリョウタロウ選手、優勝マカベヨシヒデ選手、TOP4オイカワタツキ選手>

決勝戦の興奮も覚めやらぬ中、優勝したマカベ選手にインタビューを行いました。

―――決勝戦、最初の番の時点で先攻の相手の場にはイーブイ特性「エナジーしんか」からのニンフィアGX、自分の場にはマッシブーンGX2匹とメインのポケモンが分かる展開となりましたが、その時点での感想はいかがでしたか?

正直、勝てるかどうかわかりませんでした。山札をトラッシュするホルビーがバトル場にいたり、エネルギーをトラッシュしてくるカードが予想できたので、厳しい戦いになると思いました。


マッシブーンGX
イーブイ
ニンフィアGX
ホルビー



―――そんな中、最初の番でピーピーマックスを3枚使い、エネルギーをつけられる有利な展開となりましたが、この時点でいけるという感触はありましたか?


いけると言うより、これに賭ける!という思いです。シェイミEXの特性「セットアップ」で山札からピーピーマックスを引けたので、一気にいきました。

―――その後、マッシブーンGXの「イクスパンションGX」等でサイドを先行しましたが、ニンフィアGXの「プリエールGX」でエネルギーの貯まったマッシブーンGXを山札に戻されたり、さらにはNで手札を1枚とされてピンチに。そんな中、引いてきた1枚がカプ・テテフGXで、特性「ワンダータッチ」でグズマを引き、「ジェットパンチ」で最後のサイドを取る劇的な展開でした。

カプ・テテフGXを引いた瞬間、頭が真っ白になりました(笑)


シェイミEX
ピーピーマックス
カプ・テテフGX
グズマ


―――最後に、この優勝を誰に伝えたいですか?

今回の大会のために毎日練習に付き合ってくれた、九州大学ポケモン研究会「きゅーぽけ」のみんなに感謝したいです!
※九州大学ポケモン研究会「きゅーぽけ」では「ポケモンカードゲーム 学園祭2017」でもイベントを開催して頂きました。

<マカベ選手のデッキレシピ>

マカベ選手、長時間のバトルの後にも関わらずお答えいただき、ありがとうございました。
そして、おめでとうございます!

マカベ選手を含めた本戦の成績上位3人が2018年1月14日(日)に行われる「第3回 ポケモン竜王戦」へと出場することができます。...そして、2017年12月9日(土)・10日(日)には「第3回 ポケモン竜王戦」への最後の出場権を懸けた「第3回 ポケモン竜王戦(カードゲーム部門)ラストチャレンジ」がポケモンカードステーションで行われます!

今回の大会でも猛威を奮ったのはゾロアークGXを使ったデッキでしたが、決勝戦はどちらもゾロアークGXを使わないデッキ同士のバトルとなりました。
前日に発売される拡張パック「ウルトラサン」「ウルトラムーン」のカードも含め、どんなデッキが次の大会で勝利をつかむのか?目が離せません!


ではでは皆さん、これからも素敵なポケカライフをお過ごしください。
PAGE TOP