• レギュレーション
  • レギュレーション

ポケモンカードジム店舗インタビュー
公式資格をユーザーが楽しめる店づくりに活用

9月にポケモンカードゲーム公式資格試験が実施されます。この資格のひとつ「イベントオーガナイザー」を2名のスタッフが持つジムにお邪魔し、実際お店でどう活用されているか伺いました。


トレカプラザ55 上前津店


店長 三宅様



―資格を取られた理由は?

老若男女問わず楽しめるポケモンカードゲーム(以下ポケカ)を多くの人に知って、楽しんでほしいと思ったからです。トレーナーズウェブサイトで告知できるので、お店の集客にもつながります。


―資格をどのように活用されていますか?

店舗独自の公認自主イベントを開催しています。またポケカに触れてみたい全ての方を対象に、ティーチングを実施しています。


―今後はどのように活かして行きたいですか?

皆様に楽しんでいただけるような200名規模の大会を様々な地域で開催し、ポケカの活性化に尽力したいです。同業他社の方から、オーガナイザー兼小売店店長としての意見を求められる事があります。実際に来店され、自主イベントをご覧いただくと『どうすればこのような楽しいイベントが開けるか?』と興味を持たれる方も多く、ノウハウを持ち帰っていただけるよう努めています。オーガナイザーのポケカに対する熱意や知識と、小売店が持つスペース、集客力、大会運営力をつなげ、沢山の地域で多くの楽しいイベントが開催されるよう、架け橋になれればと思います。


―ティーチングについてお聞かせください。

全年齢対象に行っています。大人の場合は、簡単にルールと勝利条件を教え、対戦の中でポケカの魅力を解説し、考えながら遊ぶ事を体験していただきます。
小さいお子様や、ポケモンは好きだけどカードに余り関心のない方の場合は、2回以上に分けて行います。
1回目は先ずは自分と、ポケモンカードに興味を持ってもらうことから始めます。可能なら必要最低限のルールを教え楽しく遊んでもらいます。
2回目以降は、ティーチング相手のペースに合わせ、勝ち方のコツ、相性のよいポケモンの組み合わせ、マナーなどを一緒に考えながら教えていきます。
それらを通して、公認大会に出て大丈夫(楽しめる)か見極め、どんなデッキがそのユーザーに合うか、相談に乗ります。
小さい子の場合は、必ずご両親に相談し、一緒にティーチングを受けていただき、ご家庭でも楽しんでいただけるようにしています。
大切なのは、ご本人が楽しいと思う体験を継続して行っていただく環境を整えることだと考えています。


スタッフ 佐藤様



―オーガナイザーの資格を取られたのは何故ですか?

自主大会の開催に興味があり取得しました。また、ルールや裁定を調べるのが好きで一緒にルールエキスパートの取得もしました。


―ポケカを遊び始めたのは?

子供のころ、カードの裏面が旧デザインの時代に遊んでいました。社会人になってから、友人のすすめで改めて興味を持ちました。


―資格をどのように活かしていらっしゃいますか?

チーム戦などの大会を開催しています。


―今後の抱負をお聞かせください。

初心者向けのティーチング会やカジュアル向けのイベントを開催してライトなユーザーがステップアップするお手伝いをしたいです。




大会参加者からは、(スタッフが)「しっかり見ていてくれる」、「ルールに詳しい」など安心して参加できるというお声や、「デッキについて適切なアドバイスをいただける」といったコメントを伺いました。


ポケカの裾野を拡げたいという三宅様の思いが、イベントオーガナイザーとしてイベントを開催することで、実現されている様子が伺えました。


三宅様、佐藤様、ありがとうございました!

ポケモンカードゲーム公式資格試験

本年度の試験日はこちら

PAGE TOP